工業用製品について

ホーム工業用製品についてカートリッジヒーター > 加島製カートリッジヒーター

加島製カートリッジヒーター

特徴

ヒーターはそれ自体充分な電気絶縁を施され、安全に使用できる構造となっておりますが、絶縁物の特性として高温において絶縁性が低下したり、高湿度の雰因気中にあって吸湿による絶縁の劣化を発生させたりします。この吸湿による絶縁低下現象の第一の原因は封口処理(リード口密閉処理)が完全に行われていないために発生します。
ところが諸条件を満たすような材料・物質は無く、各部をトータルに考える必要性が出て参りました。
そこで、株式会社 加島は、この問いに答えるべく〔高絶縁性KJカートリッジヒーター〕を開発いたしました。
〔高絶縁性KJカートリッジヒーター〕は、絶縁体であるマグネシアに撥水効果のある特殊なパウダーを混ぜ合わせ、マグネシア自体に湿気を寄せ付けない効果を持たせた、「撥水性マグネシア」を使用した画期的なカートリッジヒーターです。

カートリッジヒータータイプ別解説

主な用途

射出成型機の金型部に使用
包装機の熱シール部に使用

チクソウモールド用金型に使用

封口剤との組合せ例

1無封口 カートリッジヒーター

当社にて標準的なカートリッジヒーターです。特に使用上に問題がなければ無封口で十分にご使用いただけます。

2シリコンゴム封口剤 使用カートリッジヒーター

シリコンゴムは多孔質のため封口剤としての気密性は無く大気中の水分を吸湿し絶縁性が損なわれます。が、成分が無機質でクリーンなためカートリッジヒーター内部の内容物を止めさせるための材料(ヒーター温度200℃まで)として使用されており、弊社撥水性パウダーと併用することにより、その効果は絶大です。

3ガラス封口剤 使用カートリッジヒーター

気密性も良く封口性も問題はありませんが、難点としまして次の2点が上げられます。振動による割れが発生し気密性が損なわれてしまいます。万一、ガラス封口剤の使用可能最高温度を越えてしまうとガラス封口剤自体が、導体になってしまい短絡する可能性がある。

詳細

製作可能寸法

高ワット密度タイプ(3W/㎠〜20W/㎠)

外径:

φ6 φ6.25 φ8 φ9.42 φ10 
φ11.8 φ12 φ12.6 φ13 
φ13.8 φ14 φ15 φ16 
φ17 φ18 φ19 φ20 φ21 φ22

規格外も製作可能です。仕様については都度お問い合わせください。

長さ:

30mm〜2000mm

材質: SUS304、SUS316L、真鍮

標準ワット密度タイプ(3W/㎠以下)

外径:

φ8〜φ50

規格外も製作可能です。仕様については都度お問い合わせください。

長さ:

30mm〜3000mm

材質:

SUS304、SUS316L、真鍮

リード線および付属品

材質および付属品

リード線:

ガラス被覆電線 Niガラス被覆電線 400℃耐熱NPC電線 テフロン被覆電線シリコン被覆電線 シリコン・ガラス被覆電線 その他特別注文にてお受け致します。

付属品:

付属品:SUS片フランジ SUS両フランジ 真鍮ローレット 各種カラーSUSφ10フレキチューブ SSφ12フレキチューブなど。

製品写真

L型ツライチ

カートリッジヒーター銅製

フレキ付カートリッジヒーター

水用ブッシング&シリコンキャップ付
カートリッジヒーター

水用ブッシング付カートリッジヒーター
 

特殊キャップ付カートリッジヒーター
 

金型使用例

前のページへ
電熱ヒーターのトータルプランナー
株式会社 加島
〒34-0014  大阪市都島区都島北通1-10-7
06-6922-5541お問い合せ